冬に乾燥しにくい地域があるって本当?!

 

冬って乾燥する季節って認識ありませんか?私も以前までは冬は地域にかかわらず空気は乾燥すると思っていました。
空気が乾燥するとどんなことがあるかと言うと、私たち人間に直接関係あるもので肌が乾燥するとか、インフルエンザが移りやすくなるとか、山火事になりやすいとかですかね。
逆に良い事といえば、洗濯物が乾きやすいとか・・・あと何かあるかなw
空気が乾燥するのも湿度が高くなりすぎるのも、極端になってしまうのはあまりいいことではないように感じます。
話が逸れてしまいましたが、冬に空気が乾燥しにくい地域があると知り紹介しようと思ったのです。
どの天気予報を観ても「乾燥」って言われている冬に乾燥とは無縁の地域があるとは驚きですよね。
今回は冬に空気が乾燥してしまう原因や乾燥しない地域について説明したいと思います。
冬に空気が乾燥してしまう原因とは?
冬になると日本の北からシベリアの湿った冷たい風がきます。この風は水分を多く含んだ状態で日本にやってくるのですが、冷たい風が水分を雪に変えて日本にやってくるのです。しかし、雪が降るのは北側もしくは日本海側ぐらいではないでしょうか。日本の山々を越える頃には雪に変わった水分がすっかり抜けて日本を抜けていくのです。この水分が抜けた状態の冷たい風が太平洋側の日本列島に吹くことで空気が乾燥してしまうのです。冬に空気が乾燥してしまうのは日本の太平洋側(山を越えて南側)という事になります。日本海側・北側では空気が乾燥する事はあまりないのです。
夏がジメジメしてしまうのは何故?
日本の夏は世界から見ても湿度が高くジメジメとした季節です。冬に空気が乾燥しない地域があるのなら、夏にも湿度が高くない地域があるのではないでしょうか?上記を読んだ後ならこんな疑問が出てしまうのは不思議ではありません。しかし夏はまた少し違うみたいです。夏になると太平洋よりもっと南側から、温かく湿った風が日本にやってきます。その風は日本を通り越えることなく日本を包み込んでしまうみたいなのです。また日本は台風がよくやってきますよね。台風で大雨が降った後、夏の気温で水分が蒸発する事によってさらに夏の湿度を上げてしまっている原因だと言われています。
砂漠より乾燥している?!飛行機内!!

 

これは意外と知られていない情報ですが、飛行機内の空気ってかなり乾燥しているんです。乾燥で有名なサハラ砂漠の湿度は大体25%から30%に対して、飛行機内の湿度は20%から25%だと言われているから驚きです。あるサイトの情報では「濡れたマスクが1時間でカピカピになる」と書いてありました。そのぐらい飛行機内の空気は乾燥しているのですね。旅行やレジャーなどで長時間飛行機に乗る際には乾燥対策をして乗った方がいいかもしれません。

 

 

 

TOPへ